デザインをするときは10歳の子供に戻ってみる

デザインをするときは10歳の子供に戻ってみましょう。

どんな自分がいますか?

簡単な言葉

細かな小さなたくさんの字を読むことができますか?

短いキーワードならどうですか?

具体的な言葉

抽象的な言葉はわかりますか?

頭の中で想像できる、具体的な言葉ならどうでしょう?

絵本

もし字だけだったら、退屈を感じて、眠くなりませんか。

絵本のように言葉とイメージが組み合わされていれば、どうでしょうか?

今のあなたは難しく考えすぎかも

今のあなたは難しく考えすぎなのかもしれません。

複雑なことを行って、自分を立派に見せようとしているのかもしれません。

自分の価値観が基準になっていませんか?

さぁ、もう一度10歳の子供に戻って、世界を想像してみましょう。

コンテンツ